光警報装置

光警報装置

高齢者や障がい者等が安心して生活を営み、社会参加することができるよう火災に対する安全性を効果的に確保することが求められています。 光警報装置は、「光の点滅」で火災を警報します。火災を感知すると、従来の音(地区音響装置または非常用放送設備)による警報に加え、光による警報を発します。
2016年、総務省消防庁は「光警報装置の設置に係るガイドライン」を策定しました。 ここでは、ガイドラインに準拠した光警報装置の設置に関わる技術情報や、点検基準などを紹介します。

光警報装置

光警報装置

光警報装置

光警報装置