火災報知機について

自動火災報知設備とは

火災による煙や熱を感知器が早期に自動的に感知して、警報ベルなどで、建物内の人達に火災を知らせる設備です。

機器設置例

各フロアーの自動火災報知設備をクリックして下さい。 それぞれのページにジャンプします。

 

煙感知器 光電式分離型感知器 炎感知器 差動式スポット型感知器 定温式スポット型感知器 受信機

防火管理者の役割

  • 日常的な維持管理
  • 朝一番の確認
    常に正常な状態になっているか。(ベル停止状態のままにしない)
  • 自動火災報知設備の警報が鳴ったら
  • 火災地区表示灯を確認し現場に直行する。(火災の場合は119番通報する)
  • 非火災報だったら
    1. 発生場所を確認する。
    2. 発生原因はなにかを推定し、その要因を排除する。
    3. 再発を防止するための、措置をする。
    4. その他防火管理上必要なこと。

このページのトップへ