刊行物のご案内

自動火災報知設備の点検実務マニュアル(平成30年版)

本体価格 800円

(消費税は別途)

A4版 166ページ

480g

購入方法

特徴

本書は、火災の発生を早期に確実に報知する自動火災報知設備を維持・保全するために、適正な点検業務を実施する上で必要な事柄を、経験豊富な点検者がその経験上で得た事例をもとに、注意事項を平易・簡潔にまとめたものです。今回の改訂は、消防法及び関係法令の改正に適合させるだけでなく、特に、点検の具体的行動に絞ったワンポイントアドバイスを充実させ、ページ数を大幅に増やしております。現場のご担当者によりわかりやすく、より広くご活用いただけるものと存じます。

もくじ

1.点検者と消防法
1-1.点検者としての自覚
1-2.点検者のモラル
1-3.消防設備士および消防設備点検資格者の独占業務
1-4.消防設備士および消防設備点検資格者の業務範囲
1-5.点検の種類と期間
1-6.点検結果の報告期間
1-7.罰則
2.事故防止
2-1.安全管理
2-2.健康管理
3.点検実務
3-1.点検事前準備から終了までの流れ
 3-1-1.防火対象物の関係者等との打合せと事前準備
 3-1-2.点検実施前の準備
 3-1-3.点検実施中の注意事項
 3-1-4.点検終了時の注意事項
 3-1-5.点検作業チェック表(例)
3-2.点検項目
3-3.点検票の記入例
 3-3-1.自動火災報知設備点検票および配線点検票の記入例
 3-3-2.旧様式の活用(その5・その6・その7)
3-4.建物用途別の留意事項
3-5.共通の留意事項
 3-5-1.感知器(未警戒)
 3-5-2.地区音響装置
 3-5-3.配線の絶縁測定(全回線一括)
 3-5-4.自動試験機能付き自動火災報知設備
 3-5-5.遠隔試験機能付き自動火災報知設備
 3-5-6.エレベーターシャフトに設置された煙感知器
 3-5-7.自動火災報知設備の連動
 3-5-8.自火報感知器と消火設備専用感知器
 3-5-9.点検に起因する不測の事態の対応
 3-5-10.謝罪および再発防止策
 3-5-11.賠償責任と保険の適用範囲
 3-5-12.その他
3-6.不具合調査
4.感知器の基準
4-1.設置基準
4-2.環境による適応感知器
5.非火災報対策
5-1.非火災報対応フローチャート
5-2.措置
5-3.非火災報の調査
 5-3-1.端末機器・外部配線の調査
 5-3-2.各部の測定方法
 5-3-3.ノイズ対策(シールドケース)
6.障害事例
障害事例
7.点検機材
7-1.点検機材・写真
 7-1-1.熱感知器の試験器
 7-1-2.煙感知器の試験器
 7-1-3.遠隔試験対応感知器の外部試験器
 7-1-4.炎感知器の試験器
 7-1-5.点検用補助機材
7-2.校正
7-3.問合せ先
8.消防通知等
8-1.自動火災報知設備等に関する主な法令改正
8-2.自動火災報知設備等の点検などに関連する主な執務資料
9.参考資料
9-1.既設の自動火災報知設備機器の更新
9-2.定期交換部品のご案内
9-3.自動火災報知設備の維持管理は防火管理者が主役です!
9-4.イオン化式感知器の廃棄
9-5.蓄電池のリサイクル
9-6.総合操作盤
9-7.光警報装置の点検基準/点検要領
9-8.防火設備定期検査報告制度

購入方法

このページのトップへ