工業会の紹介

業務のあらまし

一般社団法人 日本火災報知機工業会は、火災通報制度の充実並びに火災報知設備の感知器、発信機、中継器及び受信機並びに住宅用火災警報器・漏電火災警報器等(以下「火災報知設備等」という)の開発普及を推進し、火災による被害の防止を図り、もって社会公共の福祉に寄与することを目的とし、前記の目的を達成するために、業務委員会、技術委員会、設備委員会、システム企画委員、メンテナンス委員会の常置委員会及びその他の委員会を運営し次の事業を行っています。

  • 1. 火災報知設備等の技術開発及び品質向上のための調査研究
  • 2. 火災報知設備等の宣伝普及
  • 3. 火災報知設備等の国際規格等に関する調査研究
  • 4. 火災報知設備その他消防用設備に関する資料の蒐集、刊行及び頒布
  • 5. 火災報知設備等の技能者の育成
  • 6. 防火意識の啓蒙及び普及
  • 7. 関係官庁及び関係団体との連絡及び協力
  • 8. 消防関係情報の収集及び関係者への提供
  • 9. その他、目的を達成するために必要な事業

このページのトップへ